ファンデーションの選び方

オイリー肌のファンデーションの選び方

UVカットができるものを選ぶ

 

オイリー肌の場合、基本的にはUVカットができるもの、油分が少なめのモノを選ぶことが基本です。UVカット機能がついているとファンデーションと一緒に日焼け止めを塗る必要が無くなるので厚塗りを防ぐことができます。何回も塗る必要がないため厚塗りを防いで手間も少なくすることができます。

 

ファンデーションを何十にも重ねて厚塗しているとメイクも崩れやすくなります。UVカットのファンデーションを選択することで化粧崩れを防ぐことができ一石二鳥。手間を省くことで時間短縮にもなりますし朝の忙しい時間帯でもしっかりとメイクすることができるでしょう。

 

UVカットの機能というのは各ファンデーションによって変わります。UV機能付きファンデーションにはレベルがあり、SPFやPAが高くなるほど効果が高くなります。ですから自分がどの程度のUVカットを求めているかによりSPFやPA値を選択する必要がありますが、その値が高くなるほど肌に対する負担も大きくなってしまいます。

 

UVカットのファンデーションを使う際は近場へのお出かけならSPF・PA値が低めのものを。海水浴やピクニックなど長時間外にいる場合はUVカット機能の高いものを使うことがおすすめです。肌への負担を考え、できるだけSPF・PA値の低めのものを選ぶようにするといいでしょう。

油分が少なめのものを選ぶ

 

もう一つのオイリー肌の方におすすめなのがファンデーションに含まれる油分が少ない製品。油分の多いファンデーションが好まれる理由はカバー力が高く密着力もあるから。力技でキレイな仕上がりにすることができるのでオイリー肌出ない方には人気があります。

 

ですが油分が多いと化粧崩れしやすくなりますし、油分は肌に住んでいるアクネ菌の大好物でもあるのでニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなりますので、なるべくなら油分の少ないファンデーションを選ぶことがポイントです。

 

オイリー肌でも使える油分の少ないものにはミネラルファンデーションやパウダータイプのもの。つけ心地が軽く粉タイプのものを選ぶといいです。粉タイプならよけいな油分を吸収してくれテカリを抑えながらもメイク崩れを防止してくれます。

 

ただし、パウダータイプのファンデーションは塗りすぎると乾燥しやすく皮脂が吸収されすぎてしまうこともあるので薄く均一に伸ばして塗る必要があります。最後にフェイスパウダーで仕上げをするとメイク崩れを防ぐことができます。